おしりの黒ずみの原因とは

お尻が黒ずんでしまうと恥ずかしいと思う人は多いですよね。実はお尻が黒ずんでしまうことで悩んでいる人って意外と多いのですよ。では、何故お尻が黒ずんでしまうのかその理由を紹介したいと思います。

おしりの黒ずみは刺激を受けることで起きる

まず、最初に紹介するのは摩擦などの刺激による色素沈着です。お尻は刺激を受けると、防衛反応でメラニンを生成します。下着や服装との摩擦や座っている時の圧力が刺激になり、お肌がくすんだり色素沈着を起こします。女性で多いのは締め付けのきつい下着をつけている人です。締め付けのある下着をつけるとそれが刺激となり、黒ずみの原因になってしまうので、きつすぎる下着には気をつけましょう。そして、お風呂でゴシゴシと洗うクセがある人は要注意です。こすることで刺激になり、黒ずみの原因になるので、お風呂では優しく洗うようにしましょう。中にはディスクワークで座る時間がどうしても長くなってしまう人もいると思いますが、そういう人は下着は肌触りが良い天然成分を選ぶなど出来るだけ刺激を与えないように工夫しましょう。

おしりの黒ずみを防ぐには乾燥させないこと

もう一つお尻が黒ずんでしまうのは乾燥があります。乾燥したり刺激を受けることでお肌は刺激から守ろうとターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとするため、「角質化」と呼ばれる現象が起きます。角質化して角質が厚くなるとお肌全体がくすんで黒ずんでしまうので、乾燥には注意するようにしてくださいね。角質化を防ぐにはお尻を乾燥させないようにすることがまずは大切です。対策としてはおしりをしっかりと保湿して乾燥状態を作らないようにすることが大切です。普段から乾燥気味の人はお尻もしっかりと保湿をするように心がけましょう。保湿するのを忘れないようにするには顔のケアと一緒にお尻のケアまですると良いですね。ケアをしっかりとして乾燥を防ぎましょう。

おしりの黒ずみはホルモンバランスが原因の場合も

女性の場合はホルモンバランスが乱れる事で黒ずみが発生することがあります。例えば妊娠、出産、生理不順などでホルモンバランスが乱れてしまう事があるので、注意が必要です。妊娠、出産による黒ずみなら出産後のホルモンの分泌が元の状態に戻れば色素沈着も落ち着くので自然と改善します。ですが、生理不順による色素沈着が疑われる場合は婦人科に行って治療をする事をおすすめします。女性の場合はホルモンバランスが乱れる事があるのでそれによって起こる可能性があるので、出来るだけホルモンバランスが乱れないような生活をすることが大切です。ホルモンバランスは食事や運動をきちんとすることで改善することが出来るので乱れていると思ったら生活を工夫する事が大切です。

おしりの黒ずみを防ぐためには生活を工夫する事

このように、お尻の黒ずみの原因をいくつか紹介しました。特に30代を超えると黒ずみで悩む人が増えますよね。お尻の黒ずみを防ぐためには様々な工夫が必要なので若い頃から対処しておくと良いですね。上記で紹介した事を参考にしてくださいね。